teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:3/775 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

中二病でも恋がしたい!戀

 投稿者:書き込みA  投稿日:2014年 3月24日(月)11時38分34秒
  通報
  一期が「ファンタジーを向こうに回した青春物」だとするなら二期は「ファンタジー要素のないファンタジー青春物」といった感じ。

ダークフレイムマスターもモリサマーも既に複数の人間と勢力に認知、信仰されておりただの個人的な妄想の範囲で済まなくなってき来ていたので、「力を失い日常に生きているかつての伝説」であるダークフレイムマスターの再召還がクライマックスになったのは必然であると思いました。
恋をすると力を失うとか、「魔法=心の力=妄想」という「直接的な隠喩」の基での戦いであったモリサマー対モリサマーとか、要素や展開はファンタジーの常道に則っていますし。

六花や七宮に対する個人的な英雄であるダークフレイムマスターが閉じた関係の中で成立していたのとは対称的に、宗教でありメディアであるモリサマーがフォロワーを生み出し、その戦いが衆人環視の中で成立していたのは対比として興味深いと思いました。
だからあの戦いは能力バトルであり魔法少女であると同時に、プロレスでもあり文化抗争でもあったと。

そういった「妄想のメディア化、文化化」みたいなテーマは今後突っ込み甲斐のあるテーマだとは思いましたが、まあ多分やんないだろうな…。
 
 
》記事一覧表示

新着順:3/775 《前のページ | 次のページ》
/775