teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:23/775 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ドキプリ 六話

 投稿者:書き込みA  投稿日:2013年 3月16日(土)14時23分15秒
  通報 編集済
  料理を覚える前の真琴の反応がそんな感じでしたが、この四人は天才病とでもいうか能力がありすぎて少しおかしいみたいな扱いなのかもしれませんね。下手するとファイブレのパズル狂人みたくなりかねない…。対して敵幹部の三人の方が相対的に人間らしいというか、あれもしかして「普通の人」の代表みたいな感じなんでしょうか?今回の敵は組織じゃないし。スマプリの敵(怠惰そのもの)もそんな感じだったし。

しかし今回一番印象に残ったのはイーラの声のキレ。話数ごとに進化していってて田中真弓この期に及んでまだ覚醒するのかとビビる。

>追記七話
いや、なんかもうOPのセンスが良過ぎて戦慄。東映の技術がニコ動のセンスを軽々凌駕している感じ。
これで育った子供はもうニコ動とか深夜アニメとかバカらしくて見てられないんじゃないか?

>再々追記
と思ったけどもしかしてこの番組って子供や自分のような「バカな大人」に演出を教育するプロジェクトなのかなという妄想をしたり。
「赤ちゃんを育てる」がメインになるみたいだし。コミニュケーション能力とはアニメにおいては「演出が読める」ということなんだろうし。スマプリ一話を見たときも「これほどのレベルが一体なんのために必要なんだ?」という不気味さがありましたが今回はそれがなんだったのかが解るといいなあ、と。
 
 
》記事一覧表示

新着順:23/775 《前のページ | 次のページ》
/775